真白き富士の嶺

1963年製作
映画主題歌、旧制逗子開成中学の遭難事故を哀しんだ歌を吉永小百合が歌っています。
しかし映画の内容は、旧制逗子開成中学の遭難事故とは全く関係ありません。
原作は太宰治の短編小説「葉桜と魔笛」。太宰治原作"葉桜と魔笛"より須藤勝人が脚色、「美しい暦(1963)」の森永健次郎が監督した青春もの。撮影もコンビの松橋敏夫。


*あらすじ*

逗子の浜辺を解放されたようにはしゃぎ廻わる梓(吉永小百合)。天翔ける青春の女神像のような神秘な美しさが、何か悲しそうな影をひめていました。梓が退院したのは昨日のことでした。喜ぶ梓を前に修平(宮口精二)をはじめ、姉の梢(芦川いづみ)も暗い面持でした。恐る恐る垣根越しに詫びる梓は、振りむいた高校生に胸をドキリとさせました。彼は逗子高校のヨット部員富田一夫(浜田光夫)でした。二度目に一夫を見たのは、父修平を迎えに行った帰りでした。顔を赤らめる梓。茶目ッケのある梓は元気を取り戻して、単身、姉の婚約者山上(小高雄二)を訪ねて上京しました。その間姉の梢は、梓にあてられた多くのラブレターを読んで驚きます。封筒に書かれたM・Tのイニシャル、心痛めた梢は、思いあたるふしもありませんでした。そんな時一夫と再会した梓はヨットから誤って落ちました。平気な顔の梓だが、梢は父と医師の会話を盗み聞きして顔を青ざめました。残酷だと怒る姉をよそに、梓は何故か平気でした。数日後、M・Tの手紙をもって喜んで入って来た梢を前に、梓は意外な告白をしました。"私は私の青春を大切にして、思いきり恋をしたかった!数日後梓は一夫とマフラーを交換して死んでいきました。高校生富田一夫は思い出のマフラーを首に嵐の晩にヨットを走らせていました。

*スタッフ*

企画 ................  芦田正蔵
監督 ................  森永健次郎
助監督 ................  坂口喜久男
助監督(第四) ................  八巻晶彦
脚本 ................  須藤勝人
原作 ................  「葉桜と魔笛」 大宰治
撮影 ................  松橋梅夫
音楽 ................  渡辺宙明
美術 ................  西亥一郎
録音 ................  福島信雅
照明 ................  森年男
編集 ................  丹治睦夫
製作担当 ................  野村耕祐
スチール ................  目黒裕司
 
*出演*
 
磯村修平 ................  宮口精二
磯村梢 ................  芦川いづみ
磯村梓 ................  吉永小百合
山上裕康 ................  小高雄二
富田一夫 ................  浜田光夫
吉川さと ................  岡村文子
病院長 ................  伊藤寿章
婦長 ................  原恵子
看護婦A ................  川口道江
看護婦B ................  立石日佐子
看護婦C ................  漆沢政子
洋裁学校教師 ................  葵真木子
洋裁学校生徒A ................  水森久美子
洋裁学校生徒B ................  中庸子
洋裁学校生徒C ................  若葉めぐみ
高校校長 ................  久松洪介
若い教師 ................  守屋徹
老教師 ................  小野武雄
梓の友達A ................  進千賀子
梓の友達B ................  辻野房子
ホテル支配人 ................  弘松三郎
運送屋A ................  菊田一郎
運送屋B ................  大川隆
トラック運転手 ................  三浜元
本屋の店員 ................  平塚仁郎
食料品店の女主人 ................  早川由親

この記事のタグ

サイト内関連記事

朝を呼ぶ口笛
1959年3月公開。 吉永小百合の初主演作品です。 昭和33年読売新聞社全国小......
まぼろし探偵 地底人の襲来
1960年製作 少年画報に連載され、テレビでも放映された桑田次郎の「まぼろし探......
拳銃無頼帖 電光石火の男
1960年製作 吉永小百合が喫茶店のウェイトレス役として、本格的な日活デビュー......
霧笛が俺を呼んでいる
1960年製作 「邪魔者は消せ」の熊井啓の脚本を、「海を渡る波止場の風」の山崎......
拳銃無頼帖 不敵に笑う男
1960年製作 赤木圭一郎の拳銃無頼帖シリーズ第3弾。 陰謀渦巻く暗黒街を舞台......
疾風小僧
1960年製作 「素っ飛び小僧」に次ぐ和田浩治の小僧シリーズの第二作。 松浦健......
すべてが狂ってる
1960年製作 条明の「ハイティーン情婦」を、「俺の涙は甘くない」の星川清司が......
ガラスの中の少女
1960年製作 デビューして間もない吉永小百合が、浜田光曠(浜田光夫)と初共演......
美しき抵抗
1960年製作 中村八朗の原作を、「闇を裂く口笛」のコンビ原源一が脚色し、森永......
大出世物語
1961年製作 源氏鶏太の小説が原作。 「十六歳」の三木克巳が脚色し、「静かな......
天使が俺を追い駈ける
1961年製作 小野田勇の脚本を「野郎! 地獄へ行け」の井田探が監督したアクシ......
花と娘と白い道
*あらすじ* 地方の小さな都市に住む、花屋の娘みや子(吉永小百合)。 みや子は......
ろくでなし稼業
1961年製作 保険金詐欺で荒稼ぎする悪徳海運会社の不正を暴く日活アクション作......
警察日記 ブタ箱は満員
1961年製作 伊藤永之介の「警察日記」を、川崎俊祐・青山民雄が脚色し、「ガラス......
早射ち野郎
1961年製作 「さすらいのガンマン・エースのジョー」こと、宍戸錠主演のウェスタ......
有難や節 あゝ有難や有難や
1961年製作 野村耕三の原作を、「風に逆らう流れ者」の山崎巌が脚色し、「俺の......
青い芽の素顔
1961年年製作 下代田澄夫の脚本を、「少女」の堀池清が監督した青春編。「破れ......
草を刈る娘
1961年製作 石坂洋次郎の同名小説を「大出世物語」の三木克巳が脚色、「闘いつ......
闇に流れる口笛
1961年製作 山崎巌・安東穂夫の脚本を「紅の拳銃」の牛原陽一が監督した和田浩......
あいつと私
1961年製作 週刊読売連載の石坂洋次郎の原作を「都会の空の非常線」の池田一朗......
俺は死なないぜ
1961年製作 菊村到の『夜生きるもの』を、「胸の中の火」の原源一が脚色し、「処......
闘いつづける男
1961年製作 小野田勇の原作を、滝口速太と西河克己が脚色し、「有難や節 あゝ有......
黒い傷あとのブルース
1961年製作 山野良夫の原作を「紅の銃帯」の山崎厳と「大森林に向って立つ」の......
この若さある限り
1961年製作 石坂洋次郎の『夏の陰画』を、「女家族」の共同執筆者・岡田達門が脚......
太陽は狂ってる
1961年製作 藤原審爾の原作を、「太陽、海を染めるとき」のコンビ山田信夫が脚......
赤い蕾と白い花
1962年製作 「赤い蕾と白い花」は石坂洋次郎原作「寒い朝」より「黒いダイス」......
あすの花嫁
1962年年製作 壷井栄原作から「海峡、血に染めて」の棚田吾郎が脚色、「遥かな......
ひとりぼっちの二人だが
1962年製作 「太陽と星」の熊井啓と「金門島にかける橋」の江崎実生が共同で脚......
若い人
1962年製作 吉永小百合の初々しい女子学生姿がなんとも印象的な作品です。 石......
さようならの季節
1962年製作 浜田=小百合のゴールデンコンピが描くラブ・ストーリー。 「草を......
激流に生きる男
1967年製作 昭和36年1月、石原裕次郎の不慮のスキー事故により、撮影予定で......
上を向いて歩こう
1962年製作 日航機事故で命を落とした坂本九と共演した作品。 ヒット曲「上を......
星の瞳をもつ男
1962年製作 高橋英樹との共演作。 「霧の夜の男」の星川清司のオリジナル・シ......
霧の夜の男
1962年製作 下村明原作から「情熱の詩人啄木」の星川清司が脚色、「若者に夢あり......
キューポラのある街
1962年製作 吉永小百合にとって単なる国民的美少女から演技派への成長の転機と......
泥だらけの純情
1963年制作 吉永&浜田の名コンビで贈る青春純愛映画の名編。1977年には、......
青い山脈
1963年製作 時代ごとに別のキャストが出演し、本作を含めて5つの作品がありま......
雨の中に消えて
1963年製作 「雨の中に消えて」は、奔放な女子大生に吉永小百合、雑誌社勤務の笹......
若い東京の屋根の下
1963年年製作 主題歌は橋幸夫・吉永小百合のデュエット第2弾で、東京オリンピ......
美しい暦
1963年年製作 主題歌「美しい暦」は、エンディングには浜田光夫が歌う寮歌に吉......
波浮の港
1963年年製作 吉永小百合と浜田光夫がテーマ曲「波浮の港」を歌っています。 ......
光る海
1963年製作 朝日新聞に連載された石坂洋次郎の小説を映画化した作品です。新し......
いつでも夢を
1963年製作 東京の下町に働きながら学ぶ、若者たちの青春像を描いた作品。 吉......
伊豆の踊子
1963年製作 川端康成原作の六度目の映画化で一高生と旅芸人の踊子との心のふれ......
俺の背中に陽が当る
1963年製作 渋谷健の原作を佐原靖郎と中平康が共同で脚色、「泥だらけの純情(......
こんにちわ20才
1964年製作 民主主義的男女関係に憧れ「性」を口にすることも辞さない強さと、実......
こんにちは赤ちゃん
1964年製作 63年の日本レコード大賞「こんにちは赤ちゃん」が主題歌。 翌6......
潮騒
1964年製作 吉永小百合と浜田光夫というおなじみのコンビで純情な恋愛ストーリ......
風と樹と空と
1964年製作 「風と樹と空と」は、集団就職で東北から上京し、お手伝いさんにな......
うず潮
1964年製作 連続テレビ小説林芙美子作品集より「女ばかりの夜」の田中澄江が脚......
帰郷
1964年製作 大佛次郎の同名小説を「泥だらけのいのち」の馬場当と「エデンの海(......
愛と死をみつめて
1964年製作 原作は当時話題になった実在の恋人同士の書簡集で、これを「越後つ......
若草物語
1964年製作 日活の四大女優がみごとに顔を合わせた大作です。 風と樹と空と」......
浅草の灯 踊子物語
1964年製作 浜本浩の原作を「アカシアの雨がやむとき」の棚田吾郎が脚色「成熟す......
悲しき別れの歌
1965年製作 石坂洋次郎原作"別れの歌"より「帰郷(1964)」の西河克己と智......
未成年 続・キューポラのある街
1965年製作 前作「キューポラのある街」の続編。 前作から3年後の鋳物の街川......
青春のお通り
1965年製作 作品の中で見られる吉永小百合のモダンなキュートさは、サユリ映画......
明日は咲こう花咲こう
1965年製作 吉永小百合と三田明がデュエットした同名ヒット曲の映画化で、吉永......
父と娘の歌
1965年製作 音楽教師だった亡き母への想いを胸に、ピアニストを目指す娘と父の絆......
四つの恋の物語
1966年製作 四姉妹を演じる女優達がそれぞれの年代ごとに同時代の女性を、等身大......
愛と死の記録
1966年製作 喜び、戸惑い、絶望・・・心の揺れをストレートに肉体の動きとして......
白鳥
1966年製作 「沈丁花」の松山善三が自身の原作を脚色し、「絶唱(1975)」の......
君は恋人
1967年製作 喜劇 東京の田舎っぺ」の若井基成がシナリオを執筆し、「君が青春の......
青春の海
1967年製作 上品で清楚な吉永小百合の美しさが最高に引き出された作品。 ため息......
恋のハイウェイ
1967年製作 京都伸夫の原作『真珠貝の詩』を、「青春の海(1967)」の三木克......
斜陽のおもかげ
1967年製作 「斜陽」のモデルとなった母と暮らす、太宰治の遺児の多感な青春を......
君が青春のとき
1967年製作 「陽のあたる坂道(1967)」の倉本聰と新人の加藤隆之助が共同で......
大空に乾杯
1966年製作 「大空に乾杯」は当時の「羽田国際空港」や「大阪国際空港」の風景が......
青春のお通り 愛して泣いて突っ走れ
1966年製作 吉永小百合の明朗青春もの「青春のお通り」第2作。 *あらすじ*......
風車のある街
1966年製作 「肉体の門(1964)」の棚田吾郎と「父と娘の歌」の鍛冶昇が共......
私、違っているかしら
1966年製作 就職について悩みながらも成長していくと言ったストーリー。就職だけ......
青春の風
1968年製作 京都伸夫の原作「花の三銃士」を「東京ナイト」の才賀明が脚色、「......
花の恋人たち
1968年製作 昭和43(1968)年の日活正月映画。女医を夢見る7人のインタ......
あゝひめゆりの塔
1968年製作 沖縄戦に散った殉国学生1503名-"特志看護婦"として戦火に散......
だれの椅子
1968年製作 石坂洋次郎の原作(「週刊明星」連載)を、「花の恋人たち」の三木克......
花ひらく娘たち
1969年製作 石坂洋次郎の原作を「だれの椅子?」の三木克巳と鎌田敏夫が共同脚......
嵐の勇者たち
1969年製作 「やくざ番外地」の永原秀一がシナリオを執筆し、「大幹部 殴り込......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

吉永小百合~少女から女優へ、日活映画:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.sayurist.net/sayuri/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。